2014年02月11日

最近さぁ、女が主人公なアニメ多いよな

1:2013/09/17(火) 18:36:44.76 ID:
まじつまらん
ラブコメないとか最悪じゃね?
続きを読む
posted by ニカ at 18:35| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【話題】日本を代表する漫画家ランキング

1:2014/02/08(土) 22:12:37.54 ID:
日本を代表する漫画家といえば

 今や世界中にファンを広げる日本の漫画やアニメは、日本の誇れる文化の一つと
言えそうですね。そこで今回みなさんに、日本を代表する漫画家といえば誰かを聞いてみました。

1位 手塚治虫 10751票
2位 藤子・F・不二雄 4715票
3位 鳥山明 3704票
4位 尾田栄一郎 2212票
5位 藤子不二雄A 833票
6位 井上雄彦 610票
7位 松本零士 517票
8位 あだち充 506票
9位 青山剛昌 457票
10位 赤塚不二夫 443票

 漫画創作への努力を惜しまず、最期まで創作意欲を持ち続けた「マンガの神様」
《手塚治虫》が大差で1位に選ばれました。少年時代昆虫が大好きだったこともあり、
自身のペンネームに「虫」という字を当てたという話や、少年誌初の医療マンガとして
連載された『ブラック・ジャック』は手塚氏自身が戦争体験の影響で医学の道を志し、
医学博士になった経験があればこそ描けたというのは有名な話で、
さまざまな知識と教養に経験がプラスされた漫画家・アニメーション作家であることは
誰もが認めるところ。彼が亡くなって25年も経つというのに、日本初の連続TVアニメ
『鉄腕アトム』をはじめ、『ジャングル大帝』など、今なお彼の漫画のキャラクター達は
幅広い世代に浸透しています。代表作『ブッダ』の映画が公開されるなど、時代を
先取りした漫画家だったと改めて評価されているようですね。

 《手塚治虫》に憧れて漫画家を志した《藤子・F・不二雄》が2位、《藤子不二雄A》が
5位にランク・イン。二人で一つのペンネーム《藤子不二雄》としてコンビを組み、
『オバケのQ太郎』『パーマン』『ドラえもん』などの作品を描き続けコンビ解消後も
活躍した《藤子・F・不二雄》と、『怪物くん』『忍者ハットリくん』などブラック色も
加味した作品が魅力の《藤子不二雄A》。両者とも子ども達に愛された漫画家で
あることは間違いなさそう。

『ドラゴンボール』の《鳥山明》が3位、『ワンピース』の《尾田栄一郎》が4位と
健闘しましたが、彼らが本当に評価されるのは、少し先の話かもしれませんね。

http://news.mynavi.jp/news/2014/02/07/413/

11位以降はこちら
gooランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/faction_2I3aue0ReKY7_all/
続きを読む
posted by ニカ at 17:57| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宇宙】宇宙最古 136億歳の星 天の川銀河内で発見/オーストラリア国立大学

1:2014/02/10(月) 22:33:40.07 ID:
136億歳の星を発見

【2014年2月10日 Phys.org】

これまで見つかった中で最も古い、136億年前に誕生した星が天の川銀河内で発見された。
この星の材料を生み出した宇宙初期の超新星爆発の性質などを知る手がかりにもなるという。
---------------------
オーストラリア国立大学のStefan Kellerさんらの研究から、天の川銀河内6000光年彼方にある恒星が136億年前に誕生したものであることが判明した。
これまでに132億歳の星が2つ発見されているが、それを上回る「宇宙最古の星」ということになる。

研究チームは、同大学がサイディングスプリング天文台に持つSkyMapper望遠鏡を用いた5年間のサーベイ観測データから、
この恒星のスペクトル(光の成分)に検出可能な量の鉄が存在しないことをつきとめた(注)。
これは、この星が宇宙初期に作られたことを示している。
なぜなら、誕生したばかりの宇宙にはヘリウムや水素といった軽い元素しかなく、
鉄のような重元素は星が終末を迎える超新星爆発で作られる、つまり星の世代を経て合成されるからだ。

今回のような鉄をほとんど含まない星の場合、そこに含まれる重元素(水素とヘリウム以外の元素)は、
太陽のおよそ60倍の質量を持つ星が低エネルギーの超新星爆発を起こしてまき散らした炭素その他の比較的軽い元素が大半を占めるとみられる。
他にも同様の星が数個検出されていることから、こうした低エネルギーの超新星爆発は当時ありふれた現象で、
宇宙初期の星や銀河の形成、そして元素分布の進化に大きな役割を担っていたのかもしれないという。
---------------------
注:「検出された鉄の量」 本研究で検出可能な鉄の量の下限値は、太陽に含まれる鉄の量のおよそ100万分の1なので、鉄が存在してもそれより少ないということになる。
___________

▽記事引用元 AstroArts 2014年2月10日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2014/02/10oldeststar/index-j.shtml

▽関連リンク
Nature (2014) doi:10.1038/nature12990
Received 09 July 2013 Accepted 05 December 2013 Published online 09 February 2014
A single low-energy, iron-poor supernova as the source of metals in the star SMSS J031300.36?670839.3
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature12990.html
続きを読む
posted by ニカ at 16:33| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。