2013年09月29日

【環境】サメの乱獲でサンゴ礁破壊が深刻化豪 研究

1:2013/09/29(日) 01:44:51.14 ID:
サメの乱獲でサンゴ礁破壊が深刻化、豪研究
2013年09月21日 09:05 発信地:シドニー/オーストラリア

【9月21日 AFP】オーストラリア沖のサンゴ礁の健全性維持に重要な役割を担っているサメの乱獲により、
サンゴ礁が地球温暖化や災害の影響を受けやすくなるとの調査結果が19日、米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で発表された。

オーストラリア海洋科学研究所(Australian Institute of Marine Sciences、AIMS)のマーク・ミーカン(Mark Meekan)氏率いる研究チームは、
豪州北西部の沖合300キロにあるローリーショールズ(Rowley Shoals)とスコットリーフ(Scott Reefs)でのサメの影響を10年間にわたって調査した。

ミーカン氏は「サメの個体数が減少している場所では、サンゴ礁での食物連鎖の構造に根本的な変化が生じている」と指摘する。
「フエダイなどの中位の捕食魚の数が増加し、ブダイなどの草食魚の数が減少する」

「ブダイは藻を食べるので、非常に重要だ。藻を食べるブダイがいなくなると、若いサンゴが藻に圧倒されて、自然かく乱(台風や山火事などで生態系が乱れること。
自然かく乱でできた空間はさまざまな生物の住み場所になり環境再生の場にもなる)が起きるとサンゴ礁が回復できなくなる」

サンゴが死ぬとその表面を覆うように藻が生え、サンゴの再生能力を阻害する。
草食魚が藻をかじり取って小さな隙間を作ることで、サンゴの再生が行われるようになるとミーカン氏は説明する。

■サメ個体数減少は「重大な懸念事項」

研究チームは、サイクロンと白化現象の影響を、ローリーショールズと隣接するスコットリーフとで比較した。
ローリーショールズは海洋保護区で漁業は禁止されている一方、スコットリーフでは主に西ティモールから来るインドネシア人漁師が許可を受けてサメを捕獲している。

調査の結果、大きな自然かく乱が発生した後に、漁獲が行われているサンゴ礁ではサンゴが減り藻が増えていることがわかった。
地球温暖化による圧力が増大するにつれて、こうした傾向が顕著になっているとミーカン氏は指摘する。

ミーカン氏は「すでに温暖化による変化が出ている状況なので近い将来にサンゴ礁でかく乱が 発生する頻度が増加する事態を回避するためにわれわれができることはほとんどないかもしれない」と言う。
「だが、サンゴ礁のサメの減少に関してはこれは当てはまらない」

ミーカン氏によると、今回の研究でサンゴ礁におけるサメ個体数の減少は「重大な懸念事項」であることが示されたという。
世界のサンゴ礁で乱獲のためにサメが減ることによって、サンゴの構造が海水の温度と酸性度の上昇による白化現象や大型サイクロンの影響を受けやすくなる恐れがあるからだ。

サンゴ礁の海域に小規模なサメ禁漁区を設けるだけでも、サメに貴重な餌場を提供して生態系の繊細なバランスを保ち、 藻を食べる種類の魚が繁殖できるようになる可能性があるという。

サンゴ礁の減少率は急激に加速しており1998年以降サンゴ礁で覆われた面積の3分の2が失われている。
サンゴ礁が自力で回復するには10〜20年かかるが、かく乱が発生する時間間隔は通常それより短いためサンゴ礁が回復できない。(c)AFP
____________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年09月21日 09:05
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2969486/11373694

▽関連リンク
PLOS ONE
Caught in the Middle: Combined Impacts of Shark Removal and Coral Loss on the Fish Communities of Coral Reefs
http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0074648#close

※ご依頼いただきました。
続きを読む
posted by ニカ at 19:56| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【話題】ハリウッド映画化して欲しい日本アニメランキング

1:2013/09/28(土) 00:32:37.55 ID:
 映画『パシフィック・リム』は、日本の怪獣やアニメ作品を連想させると話題に。
そこで今回みなさんに、ハリウッド映画化して欲しい日本アニメについて聞いてみました。

1 ルパン三世
2 ONE PIECE
3 名探偵コナン
4 銀河鉄道999
5 天空の城ラピュタ
6 新世紀エヴァンゲリオン
7 スラムダンク
8 ゴルゴ13
9 となりのトトロ
10 機動戦士ガンダム
11 ドラえもん
12 風の谷のナウシカ
13 サイボーグ009
14 AKIRA
15 デビルマン
16 攻殻機動隊
17 うる星やつら
18 銀河英雄伝説
19 マジンガーZ
20 その他

 アニメ化40周年を超えた現在も、変わらぬ人気を集めている《ルパン三世》が
1位に選ばれました。いわく付きのお宝を盗みにいくという怪盗ものですが、
各作品がストーリー性に優れ、視聴者を飽きさせないところが人気の理由。
また主人公のルパン三世をはじめ、峰不二子、次元大介、石川五ェ門、銭形警部という
5人の主要人物それぞれのキャラが立っていることも大きな下支えとなっているよう。
この5人のキャラにピッタリの俳優が配役されれば、かなりおもしろい映画となりそうですね。
当初に比べ次第にファミリー向けのコミカルな路線へと移り変わってきましたが、
折角ならモンキーパンチの初期の原作に近い、アダルトな実写版作品を期待したい…という人も多いかもしれません。

 放送開始から14年、海賊王を目指すルフィとその一味の冒険物語がファンを
魅了し続けている《ONE PIECE》が2位にランク・イン。
時には激しい決闘の場面や航海の苦難を描くことも必要となりますが、
海賊ものや決闘ものに長けたハリウッド映画なら、スケールの大きな作品として
製作される可能性大。ルフィと仲間たちの感動の友情物語としても、
TVアニメ以上の完成度を期待せざるを得ませんね。
いずれにしても日本のアニメはコンテンツとしても世界に誇れるものといって間違いなさそうです。

 調査方法:NTTドコモ「みんなの声」にて投票を実施
 投票数:10085票
 投票期間:2013/8/12〜8/19

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/gooranking/news/20130927/gor1309271717002-n1.htm

ランキング
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/entame_gnOd3pW0pBdT_all/
続きを読む
posted by ニカ at 12:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

北海道むかわ町穂別でハドロサウルス類の化石を発掘

1:2013/09/24(火) 00:04:01.11 ID:
 道内4例目となる恐竜化石が発見されたむかわ町穂別で、恐竜の全身骨格につながる後ろ足や
肋骨(ろっこつ)などの化石の発見が相次いでいる。共同発掘している町立穂別博物館と北海道大学が20日、
発表した。恐竜は「ハドロサウルス科」と特定し、1個体の化石が同じ場所でこれだけの数、
発見されるのは国内では珍しい、という。「全身骨格を発掘できる可能性が高い」と期待を新たにしている。

 2003年に地元の化石収集家が穂別地区で見付けた化石13個がハドロサウルス科とみられる尻尾の化石と分かり、
今年7月に博物館が発表するとともに、9月2日から北大と共同発掘している。

 尻尾の化石表面が見えていた傾斜の地層周辺の岩盤を重機で削り取った後、博物館職員や北大の学生ら
10人前後が手作業で化石が残る地層面を掘り進めた。現在露出している奥行き約5メートル、高さ2メートルの
壁面からすでに貴重な化石の産出が相次いでいる。

 博物館によると、後ろ足の骨に当たる「趾骨(しこつ)」という足の指の骨や「中足骨」という足の甲の骨に加えて、
背骨の一部に当たる「胴椎骨(どうついこつ)」や肋骨などの化石が見つかり、歯も少なくとも2個はあった。

 発掘作業を指揮する北大総合博物館の小林快次准教授は「今のところ、全身骨格の20〜30%が確認できた」と説明。
歯の形状から「ハドロサウルス科」と断定し、足の大きさから「体長は8メートル」とした。「見た目のインパクトのある化石」とも。

 尻尾から後ろ足、肋骨と体の部位が順序よく出ていることから、全身骨格への期待が一層高まっている。
また、歯の化石が見つかったことで、頭部の化石が発見される可能性にも触れた。頭部は新種の特定のカギを
握るとされる重要な部位だ。

 今年度の発掘は10月上旬までで、見つかった化石は、博物館に展示にする。
ただ、全身骨格を発掘するにはまだ数年必要とみられ、町は来年度以降も発掘する方針だ。

 小林准教授は穂別の恐竜化石が日本トップクラスの発見と認め、「ただ見つかっただけでなく、
恐竜の生態や進化の研究するのにも重要な化石になる」と話している。

▽画像 恐竜の肋骨や足の骨などの複数の化石が見つかった壁面の前で、解説する小林准教授(右)


▽記事引用元 苫小牧民報(2013年 9/21)
http://www.tomamin.co.jp/2013095044

▽関連過去スレ
【古生物】北海道むかわ町で約7200万年前の関節した状態のハドロサウルス類の尾椎を発見、新種の可能性も/北大・穂別博物館
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374070465/
続きを読む
posted by ニカ at 05:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。